Tortoise Bar

英国園芸日記

イギリスの庭園

これでおしまい・・?

気になった植物のメモ。 バーベナ・バンプトン 造形的に面白いです。乾燥にも強そう。ただし巨大化したときに手に負えるか、またこのような形になったときに虫の巣にならないか? セダム Red Cauli この季節、セダムの美しさが際立っていました。定番のマト…

RHS Wisley Flower Show

行ってきた。 やっぱりウィズリーは凄い。。世界の最先端を行っている。キューよりも、こちらを見るほうがいい。 11時少し前について、集合時間の4時ぎりぎりまでうろうろしていたが、とても全部は見きれない。 定番のコテージガーデンやローズガーデンもい…

Fenton House

ロンドン屈指の高級住宅街、ハムステッドにあるナショナルトラスト所有の屋敷&庭園。 金曜と日曜しか公開されていないため、長年行けなかったのがようやく訪問実現。事前予約とチケットの購入が必要です。 17世紀には、このFenton Houseがハムステッドの丘…

Horniman Museum and Gardens

1901年にはすでに公開されていたという、茶の輸入で得た財で世界中の博物を集めまくったホーニマンさんの個人博物館に行ってきた。 お目当ては、ミュージアムのほうではなく、新宿根草主義に基づいて作られたプレーリーガーデン。ガーデンズイラストレイテッ…

シティの底力

某月某日 先日感動したお庭にまた行ってみた。 やっぱり、ここはすごいな‥!! 教会のゲートのように人々を迎えるジャスミンの柱にまず圧倒される。前回来た時は花がまだ咲いていなかった。 これだけ巨大な、シメトリカルなボーダーは、そうそうみられるもので…

今週のいろいろ

某月某日 スーパーブルームを見てみようかとタワーブリッジまで行ってみた。 スーパーブルームとは View this post on Instagram A post shared by Nigel Dunnett (@nigel.dunnett) www.instagram.com ジュビリーを記念して、タワーブリッジのお堀をワイルド…

シティの夏

某月某日 いつものプルーフロック。 今日はニューヨークはブルックリンのSEYのコロンビアのコーヒー。 普段よりもずいぶんぬるい温度で出てきたのでビックリ。暑い日だったせいだろうか? が、これが何とも言えずおいしく、思わず豆も購入。 詳細は開封後。…

オープンガーデン 2

ロンドンのはずれ、超豪邸エリアの一角にあるお宅で、周りが巨大すぎて小さな家に見えてしまうくらい・・。 お茶とお菓子の接待がある予定でしたが、なんとオーナーが前日にコロナになってしまい、お庭の公開のみ。写真は撮ってもいいとのことでしたので以下…

レモン味のコーヒーと、シティのオールドローズの庭

6月某日 今日もプルーフロックコーヒー襲撃 プルーフロックって・・ あっ! T.S.エリオットの「プルーフロック氏の恋歌」じゃないか! For I have known them all already, known them all: Have known the evenings, mornings, afternoons, I have measured…

2022年6月のウォールドガーデン

今年も大変見事なウォールドガーデン。 去年は6月過ぎてやっとバラが咲きだし、雨も多くて植物も徒長ぎみでしたが今年は出来がいい。 グレアムトーマス グレイスとヒューケラ ジェネラスガーデナーとファイルフェンブラウ。今年もまたこの景色を見ることがで…

ご近所の秘境・オープンガーデン

今年から、1か月に1回は何かお庭関係の新しいことをする、と決めている。 それで、オープンガーデンに行ってきた。 イギリスに来る前から、1度イエローブックに載っているオープンガーデンに行ってみたいものだと憧れていたのもすっかり忘れて早20年以上・・…

Restrained

RHSチェルシーのお庭から。 シルバーメダルだったお庭。 RHS Chelsea 2022 — Richard Miers Garden Design 写真は上記のリンクから借りています。 なんだってネオンサイン、しかも青で入れるかな・・・ とは思うのです。フォーカルポイントがどうしても欲し…

空中庭園、そしてバフ・ビューティの謎

ロンドンの秘密の庭園。 細い小道を通っていくとこのようにゲートが 急な坂を下っていく。ここらへんの植栽だけでももうすばらしいのだけど。 ここは丘の上にあって、高い回廊を歩きながら景色を眺めることができる。 森があるので今も高層住宅などが隠され…

行ってないけどチェルシーフラワーショー2022

ロックダウン以降の、久しぶりのまともな開催だけど、やっぱり低調なように感じる。 チケットが70ポンドもするので、早々に行くのはあきらめたのです。 夫は、これだけいろんなものが値上がりしていて、交通費だって高いのだから、ロンドンで開催されるなら…

オールドローズとコーヒー、そしてV&A

ハイドパークのオールドローズコレクションを見に行ってきた。 このような庭園がロンドンの真ん中で、無料で公開されているというところにロンドンの底深さを感じる。 まだピークを迎えてはいないし、ロープ仕立て(festoon)やアーチなどは導入してからそれ…

久しぶりのKew

今月はキューガーデンへ足を運ぶことに。娘と一緒に出掛けました。 庭園内の木がどれも見事。 キューを含めこのエリアには幸せな思い出がたくさんある。いつも誰かと一緒に来るので、植物をしっかり見ることはできないけど、ゆっくり散策して、特に川沿いの…

Borde Hill Gardenに行ってきた

ロンドンから公共機関で行ける庭園で2月に空いているところを探して行ってきた。 行き方 Haywards Heathヘイワーズ・ヒースからタクシーまたは徒歩で30分(2マイル弱) 。歩ける距離だが徒歩はあまりお勧めしない。 Haywards Heathはロンドン~ブライトンの…

お茶の愉しみ

もう1月も半分すぎてしまったな。 久しぶりにウォールドガーデンに行ってきた。 今年も会えた、ウィンタージャスミン。 カリオプテリス、冬になるとこんなにきれいにドライになるのね。楽しみ。 我が家に今冬より導入されたのはウスターゴールド、夏には少し…

St Dunstan in the East Church Garden

なんと・・シティにこんなところがあったのですね。何年いても知らないことがあるものだ。 インスタグラマーにも人気だとか。 仕事が始まる前で人がいなかったので、より廃墟感がある。曇り空がこの場所にぴったり。 歴史は古いが、ロンドンの大火で破損、あ…

Ham House & Gardens

イギリスの庭巡りシリーズ。今回、本当は車で遠出する予定だったが、このガソリン不足。 ガソリンも高くなってしまったし、公共交通機関で行けるところにしようと、今まで一度も行ったことのないハムハウスに行くことにした。 リッチモンドの駅からバスに乗…

アランデル城

アランデル城に行ってきた。 ちょっと唸ってしまうような場所であった。 ロンドンから車で2時間程度。電車でも駅からそれほど遠くないし行きやすい。 我が家からのドライブはサウスダウンズ越えになる。 絵画に出てきそうなかわいらしい村をいくつも過ぎて、…

オープンガーデンに行ってきた

去年見つけてビックリしたオープンガーデンに行くことができた。 400年前に作られた庭園を20年かけて修復したというものである。 コロナで去年は公開がなかったが、やっとロックダウンも終わりオープンデーがバンクホリデーの最終日に再開されることになり、…

チェルシーフィジックガーデンに行ってきた

Revisitedシリーズその2。 チェルシーにある薬草園に行ってきた。17世紀にさかのぼる古い薬草園である。 最寄り駅はスローンスクエア。東京なら白金とか松濤とかだろうか。 引退した軍人のための病院の敷地のそばにある。都心とは思えない静けさ。 この病院…