Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

久しぶりのパークラン

悲願のシャワーが完成 涙

さすがに5月に入り気温も上がり、ランの後体を拭くだけでは無理になってきたので助かった。バスタブの設置予定は多分6月過ぎてから・・。

これで心置きなく練習できますよということで、久しぶりにパークラン(5Kタイムトライアル)。

 

・・・

 

いかに心肺能力が衰えているかというね・・

 

25:30であった。遅い、遅すぎる・・。パークランはこれで11回目だが、記録を見るとそうはいっても25分台はけっこうあり、今回より遅かった時もあった。

このコースでのPBが24:14。これを抜きたいと考えて早2年・・。フラットコースではないのでなかなかに厳しいのだが、自宅から一番行きやすいのがここなので。

こういう頭を抱えたくなるような練習を経ないと伸びません。来週も行く。

3連休の初日なので参加者はやや少なめ。

 

あとゴーストはダメだ。今日は明らかに反応が遅くて走りづらかった。特にサイズ6.5はマラソンにはいいかもしれないがTペースの時はゆるすぎる。次はDSトレーナーに変える。

最近の厚底ブームで固いシューズというのがなくなりつつある。DSトレーナーは固いので貴重。しかも型落ちだとすごく安い。

まあシューズが何であれ今日はとにかくダメだったけどさ・・。

 

だがしかし。これで終わりじゃないのだ。今回から、パークランの後自宅まで走って帰ることにした。旧アシックス先生のいうところの「変則ロングラン」。9キロ速めのペース走のあとMペースより20~30秒落ちで合計20キロ~25キロ走るというスタミナ養成のための練習。これを、5キロにプラスして合計20キロになるように走ろうというもの。もっとも今日は7キロ走って12キロにする予定であった。

 

この練習のいいところは速く走ったあとなので、そのあとのペースが異常にゆるく感じられるということ。気温が低い日だったので補給なし。

しかし6キロで挫折。自宅直前の心折れ坂に差し掛かってそこで折れた・・弱い

くそー、巻き返すぞ。それには練習しかないというね。こうなったらもうアレをやるしかない。

 

今日は寒くて風も強く、午後になると雹と大雨になって荒れ模様。今日は有名な100マイルレースがある日なのですが低体温症が心配だ。