Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

やっと24分台に返り咲き・・の巻 パークラン220619

 晴天で暑くなりそう。食あたり気味なのか何なのかおなかが痛いので薬を飲んで出かけた。

今日も人が多い。できるだけ早く並んで前のほうで準備。1周目、明らかに体が軽い。今日のシューズはアディゼロボストン。足も軽い。2周目、さすがにきついがまだ大丈夫。

 

3周目・・やっぱり坂がきつい・・しかし最後の坂を上がってからはできるだけダッシュ。24:40で終了。やっと24分台に返り咲いた・・涙

 

今回分かったこと。

ヨガなど新しい運動を始めた→筋肉がついて体重が増える→スピードが一時的に落ちる→体が新しい運動に慣れる→体重が適正値に落ち着く→スピードが元に戻る

 

だと思う。よってランニング以外の新しい要素が加わる時には、一時的に遅くなっても気にしてはいけないのだろう。

ということは・・ジムに行きだしたらまた少し遅くなるかもしれないが、気にするなってことですね。

また今週から軽い糖質制限を試みているのでそのせいもあるのかな。体重は計ってないから不明。朝のお茶にMCTオイルを入れることにした。ココナッツオイルのほうがずっと安いけど、セールで安くなっていたので一度試してみようと始めました。

そして昼は、鳥ハムを作っておいてサラダと一緒に食べ、夜は普通の食事。こういう感じだと無理なく体を絞ることができる。特に夏はやりやすい。

 

あとは、やっぱり貧血だったのかな? 鉄分を多めに取り始めてからあの「心肺が追い付かない・・」がなくなった。貧血にともなうめまいとか、目が空けていられないくらい疲れたりするという症状がなかったので気がつかなかった。夏は特に貧血になりやすいから注意だね。

 

あとでデータ見たら、過去10回のうち今日が一番良かった♡

しかも女性全体でも4位だった。その時の参加メンバーにもよるけど、このコースで25分切れる女性ランナーはあまりいない。まして私のカテゴリーでは・・と言いたいが実は上位は50代だったりするのだよ。マダムのパワーはすごいのだ。

 

今日は本当はパークランの後も追加で走らないといけなかったのだが、時間の都合で切り上げて帰宅した。今回は、速く走れたのにそのあとも体に余裕がある感じで、それはロングランをカットしたからではない。

やはりスピード期はしっかり追い込めるように練習の間をあけるのが正解なんだろう。

大体ポイント練習が週2回以上できるというのは、それはポイント練習といえるほど追い込んでいない証拠だそうだ。

 

さて、次はジムを始めてどのような変化が出るか。

最終的に9月のレースで結果が出ればいいので、あまり一喜一憂しないでパークランを続けることだ。