Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

クロカン走10キロ

「ブッデンブローク家の人々」読了。

魔の山」もいいけどこの作品もいいよね・・。20代にこれが書かれたというのが信じられない。

今読むと、一家の長の苦労のほうに目が行ってしまう。芸術の喜びというのも素晴らしいものだが、お金が入ってこなければどうにもならない。そのためにどれだけ骨を折ることか。

しかしお金のためだけに生きることもできず、その矛盾。

 

 

風が強すぎるので弱くなるのを待って午後3時から出かけた。

今日はもうゆーっくりでいいのだが、それでも足がお疲れで、特に左の膝が痛い。

5キロくらい走っても治らないのでどうしようか・・と思ったら、近場に芝生のグラウンドがあるのを思い出した。残りはそこをぐーるぐる。

 

草地は足に優しい。いいペースで走ってきた人が「Well Done!」と言ってくれたので誰かと思ったらパークランのディレクターの人だった。こんなところまで走ってきているんだな・・というか自分も同じエリアまで走って行っているけどww回り道しなければ、片道7キロ弱だから大したことないのよね。

 

というわけで無事10キロ終了。

でもさすがに足にちょっと疲れが。明日もここにきてゆーっくり走ることにしよう。

ヨガもやってないし、体が固くなってきているのだろう。体重は増えていないけどすごく重く感じる。筋肉が落ちてきているのではないかなあ。やっぱりダンベルなどを使ってもうちょっと刺激入れをしないと体がなまってしまう。時間を決めて何かするようにしないとダメだね。

 

あと19キロで200キロ達成。あと2日。