Tortoise Bar

英国園芸日記

ダルゴナコーヒー

昨日から調子が悪いのでランオフ中。

  • 風邪ひいた
  • 花粉症が悪化
  • いつもの更年期の不調
  • もしかして罹患・・?

のいずれか。発熱なし。

今日もあまり体調は良くないですが昨日よりはちょっとましなような気がする。

不調を押してまでトレーニングする必要は全くないし、犬の散歩含め外出は控えて様子を見る。安静時心拍数が突然上がったので何かがおかしいのは確か。

 

朝からダルゴナコーヒーを作って飲んでみた。

www.bbc.co.uk

これはおいしい! 韓国のカフェで流行りだした飲み物。

牛乳は飲めないので家にあった謎のもやしミルク使用。

コーヒーの代わりに抹茶で作ったらもっとよいのでは? 明日試してみる。

しかし大匙2杯砂糖が入っていてもあまり甘さを感じない。砂糖って本当に危険。次回は砂糖を減らして作ってみよう。

 

 

さて、背中が使えてない件は結構衝撃でした。

前傾姿勢になる必要は全くない。むしろよくない。

背骨がまっすぐであることと骨盤が前傾になることは連動していません。それがはっきりわかりました。

いついかなるときも背中を壁につけているつもりで。

そして肩甲骨も全く動かせていない・・これは動かせるようになるまで時間がかかりそう。最低でも3か月はやらないと見えてこないだろうな。

でもまずは背中を意識することからですね。

そして背骨がまっすぐになると自動的におなかが引っ込みます。特別に意識せずともドローインになる。やせ型のわりにおなかだけ出ている・・というのは結局背中が使えていなかったからということ。

 

腕ふりや乗り込み練習などやりたいことがたくさんあるので、早く不調を脱却してフォーム練習したいところです。

 

NYCCトレーニングからメールが来て、今回あまりにたくさんのレースが中止や延期になったのを受けて、何らかの救済処置がとられるようです。

自分の場合、ボリュームについて行けず怪我や体調不良もあって途中であきらめたのですが、10月のレースに向けて再度利用が可能になるようです。

 

ただ、10月のレースが今年本当に開催されるかどうかはわからない。日本はもう秋のレースでも今年は開催しないみたいだし。その時もがっかりしないよう、今できることを続けていきます。

 

今最も適している練習は走り込みであり、持久力を下げないようにしておけばレースシーズンが再びやってきたときにすぐにトレーニングに移れる、とのことなので、今やっている練習を継続し、距離と回数アップをメインに続けるつもり。

www.on-running.com

BBCと限られたソースしかニュースは見ないようにしています。

自分たちにできることは不必要に外に出ない、これしかありません。

本を読んだり、トレーニングのための情報を集めたりして、楽しく過ごす。

 

自由に外に出られるようになったらノースダウンズに行きたいので、ガイドブックと地図を購入し、どこのエリアから攻略するか計画中。自宅からもう少し足を伸ばしたところにあるトレイルにも行きたいので、それも地図やストラバを見て研究中。