Tortoise Bar

英国園芸日記

久しぶりに外出してみた

ロンドンはエリートのみの開催、パリも中止、そしてもともと予定していた某フルマラソンも来年の10月に延期になりました。そりゃそうだろう・・。

一応、来年用に宿は取りました。本当に参加するかどうかは不明。3日前までにキャンセルすればOKなプランにしておいた。

10Kなどのショートレースはぼちぼちと再開しつつあります。パークランはソーシャルディスタンスを保つのが難しいし、当面はできないだろう。

 

英国もいよいよRecessionに入ったことだし、来年はレースなど気軽に遠征できるような状況ではないかも。自分が仕事をしていない可能性だってある・・。

コロナで自宅勤務になってから、支出が大幅に減りました。大きいのはやはり交通費。娘の通学バス代と自分の通勤費がなくなった。

 

昼休みに時々ランチを買ったり、コーヒーを飲んだり、ちょっとお買い物したり・・ということも一切なくなったわけでこの積み重ねは大きい。つまりどれだけ無駄遣いしていたのかってことです。

 

ガーデニング関係でかなり買い物したとはいえ、オフィスにもいかないから服や化粧品なども不要だし、食品と生活用品以外での出費がほとんどない。あとは電子書籍をまとめ買いしたくらいだろうか。

 

と、我が家でもこのくらい消費が落ちているのだから不況にもなるよな。

それも仕方がないことだと思う。

日本で言う「経済を回すためにお金を使おう」っていうのもバカげている気がする。ないものはない。その時々の環境で生きていくだけだ。

 

今日は久しぶりに外出。Tubeとバスに乗りました。なんと6か月ぶりで、オイスターカードも切れておりチャージが必要であった。

我が家から一番近いショッピングセンターを経由して娘の友人宅へ。

 

夏のやや人が少ない平日、といった趣き、本来なら今頃ショッピングセンターは子連れでいっぱいのはずだから、やっぱり人出が相当少ない。マスクをしている人は半分くらい。ただし公共の乗り物ではマスクの着用は義務。着けていなかったらExemptionの証明書を見せない限り降ろされる。

 

Tubeの車両内の広告がほとんどなかったのも驚き。ほぼ空欄。乗客がいないから広告も出稿がないわけだ・・。あったのはビタミンDのタブレットの広告のみww

 

バスは乗客数に制限がある。夏休みが終わり、公共バスで通学する子供たちは秋からどうするのだろうか・・。1台につき18人しか乗れない。学校へ行くバスは30分に1本しかないのだ。娘はスクールバスを使用するので確実に通学はできる。

 

とりあえず外出してみて、このくらいの人ごみ感ならたまには来てみてもいいかな・・と思った。

しかしここのショッピングセンターであえて買い物したいお店というのもないし、外食も別にこれと言っておいしい店があるわけでもない。やっぱり当分は地元をうろうろするだけで十分か。