Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

6月のウォールドガーデン

こちらもまだバラは咲いておらず。

例外はマダムイサークぺレールと、ガートルードジェキルだけ。

この2つ、似たような花なんですが、ジェキル女史のほうはなんとなくフェイク感あり。

オールドローズのまねっこだよ、というね。

 

f:id:Saskia:20210602061745j:plain

 

 

マダムのほうは、だんだん好きになってきました。本物の美人。こんなに派手な色なのに全く嫌味なし。このくらい華やかなお花がうちの庭にあってもいいかも。今年はこれまでと違い、大輪のゴージャスな花にひかれています。

 f:id:Saskia:20210602061624j:plain

 

 

歩いていたらどこからか良い香りが・・それはアイリス。

アイリス香は香水の1分野でもありますね。バラにはない、透き通るような香り。いいなあ。だけど名札のPale Mauveでは全く検索に出てこない。

 f:id:Saskia:20210602062026j:plain

 

 

ジャクリーヌ・ド・プレが咲きかけ。

f:id:Saskia:20210602062052j:plain

こんなにピンク色になるんですね。しかもあの甘いムスクの香りが・・暴れん坊で育てにくいけれど、香りといい花の姿と言い、うちの庭にもあったらなあ・・咲き進むにつれてボロボロになるからきれいなのは今だけなのはわかっているんですが。

 

しかし去年に比べるとどうも何かが違う。慣れちゃって感動しないのかしら? 

よーく見て気づいたのが「植物のサイズが違う」

今年は雨が多く気温が上がらなかったので、全体的に徒長ぎみなのです。

 

そういえばうちのアイスバーグも2番花で到達する高さまですでに来ていて、フェンスを軽く超えちゃってます。冬にがっつり剪定したせいだろうと思っていましたが、天候のせいで花が遅れ、皆伸びすぎちゃんになっているのだ。なるほど・・ 今年は、1番花と2番花が同時に来て、いきなり秋、と考えたほうがよさそう。

 

ついでに近所の風景。

これスパニッシュビューティーだろうなあ。フリフリ。

 f:id:Saskia:20210602064120j:plain

 

 

1季咲き、黒みがかった赤が素敵。ジプシーボーイではなかろうか。

 f:id:Saskia:20210602060406j:plain

 

 

 

この黄色・・なんだろうね。よく見かける。その隣にあるアプリコット色のバラがセットでとても美しい。いいですよねえアプリコット

 f:id:Saskia:20210602064243j:plain

 

 そしてついに我が家のバラも咲き始めました。

第1号は・・ (続く!)