Tortoise Bar

英国園芸日記

失われた時を求めて:キーマン紅茶

今年の一足早いクリスマスプレゼント。

 f:id:Saskia:20211221084814j:plain

義妹夫婦がクリスマスは夫の家族と過ごしたいとのことだったので、1週間前倒しで我が家で義両親とともにディナーをし、プレゼントも開けました。無駄にならないようそれぞれ指定して買ってもらうので、中身もわかっているのです。

まあ、夢がない気もしますが、変なマグとかもらってもお互いに仕方ないので・・。

 

子供の頃よくお中元等でトワイニングの紅茶詰め合わせセットが家に贈られてきて、それぞれの色のティーバッグを試してみるのがとても好きだった。

その中でもお気に入りは黒のプリンスオブウェールズ。ウィスキーのような香りがなんともいえず良かった。

 

いかにも英国な名前ですが、実はこれ、本家本元の英国トワイニングスでは販売していなくて、アメリカと日本などの国外のみ。英国に憧れる人をカモにしているわけですな 爆

 

プリンスオブウェールズと言えばあのチャールズ皇太子を指す。チャールズさんは自分でもオーガニックのビジネスをしていて、プリンスオブウェールズの名前で紅茶も売っていたりするので、トワイニングも遠慮して販売をやめたのではないか。

 

アマゾンで買った東欧産のトワイニング・プリンスオブウェールズ

 f:id:Saskia:20211223085951j:plain

記憶の中の黒のお茶とは微妙に味が違うんだな~。5分蒸らしても茶葉がそれほど開いてこないところを見ると、質もあまり良くないのかも・・。

そして今気づいたが日本ではトワイニングだけど本当はトワイニングスだよね。

 

思い出の紅茶と言えばもう一つ。

 

イギリス、ロンドンに初めて旅行した数十年前のこと、コベントガーデンにある紅茶専門店ティーハウスでお茶を買った。このお茶の香りが、ラズベリーのような、それでいてちょっとコクもあるような、これまでになかったような体験でずっと忘れられなかったのだけど、何しろ昔すぎて何を買ったのか覚えていない。

 

ティーハウスは今も営業中。今見るとここのお茶、相場から言うと値段が安いほうだ。

Loose Leaf Tea Specialists | The Tea House of Covent Garden

 

先日、アランデル城の中のカフェでお茶したら、久しぶりにその懐かしい香りに出会った。何とか突き止めようと思い、いろいろと調べてみた。

 

紅茶、かつてフレーバーティーも含めてあれこれ飲み比べたことがある。

イギリスにもマリアージュフレールもできたし、TWGもあるし、ないのはフォションくらいか。もちろん本場フォートナムメイソンその他いろんな英国のティーメーカーがある。

 

最近はコーヒーと同じで独立系の、農園名を明記しているハウスも増えた。この辺も最近は大きく変わってきている。

 

シングルもいろいろ飲んだ記憶があるが、試したことが無いものというと・・ウバかな。とりあえずマークスでお手軽ティーバッグ買ってみたら全然違っていてしかも口に合わなかった。麦芽くさい。モルト風味だから当然か。

 

トワイニングのプリンスオブウェールズの解説をよく読むと、キーマンが使われているとのことだったので、そういえばシングルで飲んだことがなかったかも、と、試してみることにしたのであった。

 

前書きが長くなりましたが・・

ふたを開けたとたんに立ち上る香り、私が長く探していたのはこれだった。ラズベリーとオーク。

ティーポットで淹れてストレートで飲む。いや、本当に香りにはプルースト効果があって、過去の時間をよみがえらせてくれる。

 

そしてミルクを入れて飲むと今度は、ストレートの時にはわからなかった花の香りが鼻腔に抜けて、これがまた至福でございます。

 

キーマンは上質なものはランの香りがするという。これがランの香りかといわれると違う気がするんだけど、確かにフローラル香であります。

 

これからブレックファーストティーなどブレンドの紅茶を買うときに、キーマンが入っているものを選ぶようにしてもいいかなと思う。シングルでひとつだけ紅茶を選ぶとしたら、私はこれだな。

 

The Tea Makersのお茶は初めて買ったのですが、それ以外のブランドからキーマンを取り寄せてベストを探す、という楽しみもある。今回はクリスマスプレゼントの予算内という条件で絞ってここになった。送料込みだと足が出てしまうところが多かった・・。

 

キーマン、実に優雅。

本当はシルバーのティーセットとか、シノワズリーのティーカップで、はるかな東洋に思いをはせつつ・・まさにプルーストが生きていた頃のパリや、ロンドンを想像しながら飲むのがいいのかな。

 

贅沢貧乏でしかない私も目を閉じれば貴族になることができるのであった・・。祝、失われた時を求めて読破2021。スワン家のほうへを読んだのが中1なので、なんと40年ほどかかったことになる・・。

 

さて、写真の通りもう一つプレゼントしてもらったものがある。続きは次回。