Tortoise Bar

英国園芸日記

なまいきお嬢ちゃん

すごく小さいのにうちの庭で一番目立っているハーロウカー。

 

外から歩いてくるとこの花がまず目に飛び込んでくる。

日本のアイドルみたいでなんだかなあと思う時も。ほんとAKBみたいなんだよなあ・・

 

自分が庭の中にいると、小さすぎて見えないww

しかし、香りはとても良い。あたりがこの香りでいっぱいになる。

とにかくやたら元気なのも10代のアイドルって感じだ。これだけ花をばんばん上げてくるのに、シュートもたくさん出る。

 

そのシュートが、小さいカニが怒って爪を振り上げているような、これまたチビサイズ。

こちら痛くもかゆくもない。なまいきお嬢ちゃん、笑える。

 

シュートはちょっと特殊な形態。今年ピーター・ビールスでの一押し品種であるこちらに、ほんのり似ている・・ 

 

ロサ・オメイエンシス・テラカン

www.classicroses.co.uk

media-gallery

※写真はPeter Bealesから転用しています。

 

余談ですがこのバラ、大邸宅に住んでいたら植えたい1本。かなり面白い。

三角の赤いトゲが日を透かすととても美しいのだそうだ。3メートル以上になるというのでリストから外した。こちらも雲南地方からネパールにかけて見られる植物。

 

フロントガーデンは日差しがきつく、風も吹いて、バラには結構厳しい環境。花弁が薄めだとすぐに痛んでしまう。

ハーロウカーは、はじめのきつめの色から褪色してほのかなピンクになり、散り際が気品あふれる姿となる。これはいいなと思う。それにしてもチビすぎて視界に入らないww

 

 

 

我が家の近所のバラ。前はなかったので、植えられてから3年程度だと思うのだけど、2階まで到達。ここまで高くして誘引している家はいまどき珍しい。花も大きくて見事。ウェッジウッドローズだと思います。

 

 

 

我が家の斜め前、トーマスAベケットを3本まとめ植えしているお宅は、家を売って引っ越すことになった。

家の正面に絡ませている、15年以上前からある白いつるバラ、毎年見事なのですが、去年ははじめて2回も咲いた。

 

それが今年は花が1つだけ。葉もほとんどない。それ以外のバラも花が全く咲いていない。お世話しているところを見かけたことが全くなかったが、たまたま見かけなかっただけで、これまではちゃんと手入れしていたのですね。

 

生き物にも終わりがあり、家にも終わりがあるので、今年でこのバラたちは見納めのようだ。