Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

穴掘り終了

さて今朝もまずヘッジングから。

やっとバックガーデンのすべてのエリアを一周し、はみ出した芝生をカッターで切り取る。

半分くらい終了したところで、枯れてしまったもう1本のオリーブの木を引き抜いて処分。木製の鉢に入れていたのだが、底が腐って抜けてしまっていた。

さっそく犬たちが飛びついてきたので幹の一部をあげたら、追いかけっこをし、最後は2匹で仲良く両端をかじっていた。

 

つづいてフロントガーデン。

シュリーマンじゃないんだから別にレンガを粉砕したってかまわないのだとやっと気づいた。

考古学っていうのも体力勝負か。情熱がなかったら、いつか何かを見つけるという固い信念がなかったら、穴掘りなんてできないよな~。

夫に相談したところ、よろずDIYツールがそろっているからドリルでも、ハンマーで粉砕してもいいのだが、もしかしたらパイプが埋まっている可能性もあるのでもう少し周りを掘って様子を見るか、位置を変えるかどちらかではないか? ということになり、後者を採用。はい、やり直し~。

 

さきに矢車草を植える予定の場所を掘ってしまうことにした。

こちらは広め、浅めにすればよい。どうすればよいかもすでに学習したため、あっさり終了。特に掘りにくいところもなかった。

 

そこで元に戻って・・

やり直しとはいえもともと掘った穴を左に拡張することにしたので新規に掘り始めるわけではないからそう大変ではない。しかも、最初に掘ったところはたまたま掘りにくかった&レンガが埋まっていただけで、サクサク進み、レンガが顔を出しているところまで掘り下げて終了。

合計70センチくらいかな。本当は1メートル~3メートル掘るのがいいのだけど、最低このくらいあればいいらしい。

雑草を引き抜いて終了。

 

午後は、ツールを使ってパティオの隙間の土に生えてきている雑草を処理。

思ったより量が少なくすぐに片付いた。

そこで、矢車草のエリアに土を入れようと思い、物置からほこりと蜘蛛の巣まみれの土の袋を出してきたところ、室内植物用の土であったww 

ブレンドして使うこともできないようではあるが・・だが、外で使う土にはピートが入っていないほうがよいらしいので、念のため使うのはやめた。

では今ある土をふるいにかける作業をしようと思ったが、あいにくと今日は風が強いのでこれも断念。

 

急いでアマゾンで土を発注したがプライムでも来週にならないと届かない模様。

明日はこの2か所にシートをひいて余計な雑草やゴミが入らないようにし、フロントガーデンのエッジングと雑草の処理を中心に行う予定。

 

庭の物置もこの家に来たときからあるのだが、ぼろぼろなので、掃除をしてきれいにし、ペイントしなおしたい。庭をめぐる通路なども汚れているので高圧洗浄もかけたいところ。

植物よりもまず土台をきっちりさせないと花や緑を引き立てることができない。

 

また、バックガーデンの木を植える予定エリアにも穴を掘らなければいけないが、これは難作業である。フロントガーデンに比べると土が痩せて固く、とても掘りにくい。それに犬たちが邪魔しに来ること必至ww

これも木の植え付け時期である秋までには用意してしまわないといけません。

少しずつ進めます。