Tortoise Bar

英国園芸日記

来年のフロントボーダー計画

2022年の現在形。 外側のボーダーは、左から エリゲロン、オキナグサ、ツルバキア・ピンクスター エキネシア・ヴァージン シャクヤク・シャーリーテンプル2本 アメリカテマリシモツケ・マジックボール ゼラニウム・ローザンヌ&ルドベキア ゴールドスタム …

決め手のコンポスト発見・・か?

フロントボーダーの整備終了。 毎日少しずつ作業。芝生と雑草を取り除き、わらのマルチできれいにした。 東側には原種系チューリップの球根も埋め込んだ。 西側にはユーコミスかエレムルス・クレオパトラを植えたい。来年になってからで間に合うし、土壌改良…

バラの枝抜き

今日が女王のお葬式。 上空を特別戦闘機が昨日から大量に飛んでいた。 芝刈りはさすがに国民が喪に服す日であるので遠慮して、バラの枝抜きと葉の整理を行った。 パープルスカイライナー 葉の整理。すごくよく茂るので、うっかりしていると葉ダニにやられて…

フロントボーダーの拡張

女王の国葬のため3連休。ここで一気にたまっていた仕事を片付ける。 土曜日 バラを地植えにした。ニュードーンだと思われる、義妹宅からもらってきた挿し木。我が家のコニファーの後ろに植え、そのまま誘引して木からしだれさせる予定。 プラムの木の隣にブ…

MANHATTAN&PLOT

某月某日 時間がないからどこにもよらない予定・・が、ウィンドーにマンハッタンが置いてあったのでついふらふらと・・。 オフメニューってことで、その日によって異なるのですが、店員さんに尋ねたら下記でした。 Coffee #3 Roaster: Manhattan Coffee Roas…

根張りが肝心

女王様のお葬式でイベントがキャンセルになったため、日曜日もガーデニング。 懸案だったベルガモットの修正を行った。 我が家に2本あるベルガモットのうち、1本は生育が良くなかった。そこで、周囲に棒を立てて針金をかけ、幹をがっちり固定するというの…

これでおしまい・・?

気になった植物のメモ。 バーベナ・バンプトン 造形的に面白いです。乾燥にも強そう。ただし巨大化したときに手に負えるか、またこのような形になったときに虫の巣にならないか? セダム Red Cauli この季節、セダムの美しさが際立っていました。定番のマト…

RHS Wisley Flower Show

行ってきた。 やっぱりウィズリーは凄い。。世界の最先端を行っている。キューよりも、こちらを見るほうがいい。 11時少し前について、集合時間の4時ぎりぎりまでうろうろしていたが、とても全部は見きれない。 定番のコテージガーデンやローズガーデンもい…

グルスアンアーヘン

つたない写真ではうまく伝わらないけど、こんなにきれいな景色を作り出せたことに感動・・。 グルス・アン・アーヘンは作出が1900年頃の古いバラ。現在のバラと比べても古さを全く感じない。 鉢植えにして、初年度はきれいだったもののそれ以後どうにも調子…

処分中

ノートPCが壊れてしまい、データの移管などに手間取っていましたが、やっと新しい環境で使えるようになって復活。 この間、不要物を処分しまくっていました。 実際には不要物として売りに出すものなどもあり、すべてが家から出ていったわけではなく、まだま…

WatchHouse

某月某日 WatchHouseにいってみた。 ガーキンのそばにある。 行ってみて気づいたのだが、ここではなく、近くの別店舗に行くつもりであった・・。 そちらはガラス張り3階建てで眺望がすばらしいとか。こちらのほうはテイクアウェイがメインで小さい。時間がな…

整理整頓

夕暮れのウォールドガーデン。日暮れ時の光線がきれい。 夕方に来て人がいないと、庭を見ている間にカギをかけられたらどうしよう・・と思い、ゆっくり見られないのですが、今日は何人も人がいたので安心して眺めることができた。 日に日に日照時間と温度が…

夏の終わりに

やっと気温が下がって過ごしやすくなり、待ちに待った雨も降った。これで庭も生き返るだろう。 夏の終わりは少し悲しい。8月はすでに秋のはじまりでもある。 ブルースターが咲いた。 クレアオースチン? 謎の挿し木バラは再び花が咲いた。すっきりしたとても…

Power of the dog

下記を読み、久しぶりにどうしても見たいと思った映画。ネットフリックスでの公開。 菊池成孔氏のコラム及び以下を読むとネタバレします。 21世紀の作品は結末がわかっていてもなお自分で体験したくなるものを観賞するのがいいと思います。 realsound.jp rea…

プールで低体温

英国で30度越えとなると大変な猛暑、ということになる。雨が全く降らないのが問題。地植えには水をやらないのが原則ながら、今回は様子を見て、日によっては朝と夜の2回水やりをしている。 ツルバキア・ピンクビューティの花が咲いた。淡いいい香り。シルバ…

Alchemy

某月某日 今日はAlchemyへ。 フィルターのナチュラルプロセス・ブラジルを頼んでみた。ここはロースタリーであり、オリジナルの豆を使っている。 ケーキがおいしかった。コーヒーも、おいしかったのですが、プルーフロックのような感動は無し。 以前はもっと…

最近の音楽いろいろ

グラストンベリー2022のハイライトを見て思ったこと。 ロックはもう本当に終わったのね・・ラップ・グライム・ドリルが世界の覇者になった。 大御所も、ライブだと正直観るのがつらい。 プライマルスクリームとか・・ もともと音楽的にはそれほど上手ではな…

なつやすみのえんげいかつどう

やることリストをどんどんつぶしていきましたよ。 スパニッシュビューティの誘引 まっすぐのばす クレマチス・ヴィエネッタの地植え バラと同じくらいの深さの穴掘りを行いました。コツをつかんだので手際がよくなりました。 少し掘ったら水をかけて半日放置…

Fenton House

ロンドン屈指の高級住宅街、ハムステッドにあるナショナルトラスト所有の屋敷&庭園。 金曜と日曜しか公開されていないため、長年行けなかったのがようやく訪問実現。事前予約とチケットの購入が必要です。 17世紀には、このFenton Houseがハムステッドの丘…

Horniman Museum and Gardens

1901年にはすでに公開されていたという、茶の輸入で得た財で世界中の博物を集めまくったホーニマンさんの個人博物館に行ってきた。 お目当ては、ミュージアムのほうではなく、新宿根草主義に基づいて作られたプレーリーガーデン。ガーデンズイラストレイテッ…

シティの底力

某月某日 先日感動したお庭にまた行ってみた。 やっぱり、ここはすごいな‥!! 教会のゲートのように人々を迎えるジャスミンの柱にまず圧倒される。前回来た時は花がまだ咲いていなかった。 これだけ巨大な、シメトリカルなボーダーは、そうそうみられるもので…

庭のポケット

庭の中にはポケットと呼ばれる場所があり、そこだけ霜が降りる、夏は乾燥冬はドロドロなど、植物を非常に育てにくいスポットがある。 我が家のポケットは、フロントガーデンの、ガウラの裏、ラベンダーとアイリスに挟まれたエリア。 去年のアイリスに続き、…

今週のいろいろ

某月某日 スーパーブルームを見てみようかとタワーブリッジまで行ってみた。 スーパーブルームとは View this post on Instagram A post shared by Nigel Dunnett (@nigel.dunnett) www.instagram.com ジュビリーを記念して、タワーブリッジのお堀をワイルド…

例の病気の件

ちょっと前の某月某日、感染しましたww 娘→夫→私の順。 どこの国もそうですが相変わらず感染者の数は多い。しかし、わが国ではもうロックダウンなどとは誰も言わない。同僚や知人も続々感染中です。あ、あなたもね、という感じ。 陽性でも症状がなければ学…

2023年の夏に向けて

今の庭の主役はなんといってもこれ。 アガスターシェ・アパッチサンセット ブルーグレイがかった葉と花のオレンジの色彩の組み合わせ、すらっとした全身がなんとも優美。 2021年に種から育てて、花が終わった後に地植えにしたら、あっという間に大きくなり見…

夏のコーヒーはぬるめ、薄めで

先日心惹かれたシティのお庭、トム・スチュアート=スミスのデザインでした。 View this post on Instagram A post shared by Tom Stuart-Smith (@tomstuartsmith) www.instagram.com 今飲んでいるコーヒーは、ワークショップのFernando Trujillo Process: C…

ヘメロカリス・ハイペリオン

バックガーデンのボーダー。あまりもの植え込み式 笑 やっとアーチ完成。手が豆だらけ。 右側のパープルスカイライナーは、穴に合わせて根を切りました。今の時期根切りは推奨できませんが、早いところ地面におろしたほうがいいとの判断。 左側、スパニッシ…

シティの夏

某月某日 いつものプルーフロック。 今日はニューヨークはブルックリンのSEYのコロンビアのコーヒー。 普段よりもずいぶんぬるい温度で出てきたのでビックリ。暑い日だったせいだろうか? が、これが何とも言えずおいしく、思わず豆も購入。 詳細は開封後。…

気持ちの良い日々が続く

お庭は、一休み中。バラや、切り戻した植物たちも次のピークに向けて少しずつつぼみができてきた。 アーチの根元にバラを植えるべく、穴を掘っている。これが大苦戦中。 どうにもこうにも土が固い。夫に電動ドリルで穴をあけてもらったりしているが、それで…

私的ガーデニング10則

コロナとともにスタートした私の庭。 3年ほどやってきてわかってきた、自分の基本方針をまとめてみた。 ※少し説明が足りなかったので改稿しました。 フォーマルガーデンとコテージガーデン オリジナリティを追求 白、青、淡いピンク、紫が基本の配色 植物全…