Tortoise Bar

英国園芸日記

来年のフロントボーダー計画

2022年の現在形。

外側のボーダーは、左から

エリゲロン、オキナグサ、ツルバキア・ピンクスター

エキネシア・ヴァージン

シャクヤクシャーリーテンプル2本

アメリカテマリシモツケ・マジックボール

ゼラニウムローザンヌルドベキア ゴールドスタム

カンナ・シュトゥットガルト

ひまわりレッドサン3本

ネペタ・シックスジャイアンヒル

ピンクのゼラニウム

ネペタ同上

ヒューケラ・パレスパープル

バラ・トーマス・エイ・ベケット2本

ネペタ同上

シャクヤクシャーリーテンプル

ヒューケラ・パレスパープル

バラ・ミセスジョンレイン

アルミケラモリス3本

ヘメロカリス スタフォード

ホスタ・ブルーイヤーマウス

ヒューケラ・キャラメルティー

エリゲロン

そしてその外側にアリウム・クリストフィと原種系チューリップが植え込まれています。

 

下のボーダー、左から

原種系グラジオラス・ビザンチヌス(春咲き球根なので見えてない)

エキネシア・パリダ

サルビア・ネモローサ カラドン

バラ ハーロウカー

ガスターシェ ナバホサンセット

矮性デルフィニウム ブルー 2本

ペンステモン・ハスカーレッド

クナウティア

アイリス・パリダ

ニコチアナ

ジャパニーズアネモネ・ピンク(品種不明)

ガウラ

ラベンダー・ヒドコート

 

と30品種以上植えてある。これ以外に鉢植えのディスプレイもある。

 

写真をよく見ると、右側の半円が小さくなっていることがわかる。前の持ち主がなぜかこのような形に変えてしまった。前の持ち主はセンスがなく、いろいろ文句を言いたい。

 

上から見ない限り気づく人はいないし、敷石自体もぼろぼろなので、いずれは全面やりかえになる。その時に修正をかける予定である。

 

フロントガーデンは基本的に風通しがよく、日当たりが一日中あって乾燥ぎみ。

最近の気候変動で葉焼けや花の痛みが結構あり、また春先や冬は強風にさらされてバラがぼろぼろになることも多い。あまり繊細な植物は植えられない場所でもある。

 

そこで、丈夫で立体的に見える大型の植物に少しずつ入れ替えていこうと考えている。

白黒で見た写真がこちら。こうしてみると構造がはっきりする。

上から観賞することはないとはいえ、やっぱりフォーカルポイントがないのがよろしくない。

 

来年は・・

カンナ・シュトゥットガルトをもう1本増やして、ひまわりの代わりにトウゴマを入れる。トウゴマは1年草、うまくいかなくても問題なし。

フォーカルポイントとして、芝生の中央にスティパ・ギガンチアを植える。そしてその周囲にピンクのエキネシアを配置する。これは思い切った決断ですね~。これも、失敗したら芝生に戻せばいいだけ。

 

クナウティアが株分けしたにもかかわらず、かなりくたびれてきているので、そろそろ入れ替えかも。うどん粉病がひどく真っ白になるのも困りもの。その後継を目指して今育てているのが原種系ダイアンサス・カルツシアノルムになる。

 

あとは、鉢で鑑賞してきたバラ・グレイスをバックガーデンで地植えに変えるので、その後継としてダリア・カフェオレを導入してみようかと。淡い色はフロントガーデンではきれいに見えないことが多いので、違うものにするかも‥いや、これ以上鉢を増やしてはいけないのだったな 汗

 

というわけで今週末に来年を見越して作業。続く・・