Tortoise Bar

英国園芸日記

なつやすみのえんげいかつどう

やることリストをどんどんつぶしていきましたよ。

 

スパニッシュビューティの誘引 まっすぐのばす

クレマチス・ヴィエネッタの地植え

バラと同じくらいの深さの穴掘りを行いました。コツをつかんだので手際がよくなりました。

少し掘ったら水をかけて半日放置→フォークでゆるめてから掘る。掘れなくなったら水を・・の繰り返し。

 

オリーブの地植え:穴を掘りかけたが、位置を再考中のため保留。

プラムの木を抜く:上部を伐採。あとはドリルで粉砕。根っこの処理は冬頃かな・・。

ブルーベリーを地植えに:プラムが終了するまで手を付けられません

 

フロントガーデンのスイートピーを抜いて片付ける

3か月近く大活躍してくれたスイートピー、さすがに見苦しくなってきて終了。バックガーデンのほうはまだ咲いています。

 

スイートピーの鉢の余った土をポケットにまく 

 

ポケットとは、これまで連敗中の、何を植えても育たない庭のスポットのこと。

急にポピーの花つきがよくなってびっくり。栄養が全て吸い取られた土のはずだったのだが・・

マメ科の植物ゆえ地中に窒素を放出するので、それが効いたのか、あとは単純に乾燥が止まったのがよかったのか。

試しにジャパニーズアネモネをこのポケットに植えてみました。お隣から侵入してきている苗で、枯れても失うものは何もない 笑 意外と暑さや乾燥に強い様子なのでもしかしたらうまくいくかも。

 

フロントガーデンの拡張:70%終了

サルビアネモローサ・カラドンナと、エキネシア・パリダを植えました。9月になったらここへグラジオラスの球根を植える。

 

アキレアの移植テスト

どこからから種が飛んできたアキレアをバックガーデンに植えてみようとしたのだが、やっぱりはびこったら困るのでやめた。地下茎で増えるタイプの植物は慎重に扱わないと苦労する。フロントガーデンのほうも抜けなくて困ってます。

 

ロサグラウカの地植え

穴掘り。さくっと終了。根が完全に回っていて危ないところだった。

 

フロントガーデンの育ちすぎガウラ・ラベンダーの剪定

ディアレマの鉢上げ

ヘリオプシス・ムーンビームの植え付け

クレマチス・グレーブタイビューティの植え付け

一度は泊まってみたいグレーブタイ。ビチセラ系のクレマチスを育ててみたくて、ヴィエネッタの代わりに用意。グルーポンで投げ売りされていたのを捕獲。

 

カレンデュラの処分

梨の誘引

ベルガモットと、グレイスを除くバラの鉢をフロントからバックガーデンへ移動

 

これで庭がかなりすっきりしました。

 

 

夏の種まき組も発芽。イタリアンパセリオステオスペルマム・アイスブルー、セントランサス・ラバー・アルブム(白のバレリアンの園芸種)、ライムカラーのジニア、そしてフレンチラディッシュ

じかまきにしたカスミソウ、アグロステンマも成長中。

 

 

ガーデナーの新年は10月、とするなら今年も残りあと2か月。2022年は園芸的にとても充実した年だった。庭の整理をする、という目標でしたが、手付かずだったバックガーデンのボーダーを整備できることになって、植物はちょっと増えてしまった。そのなかで処分したものもあります。

 

また、バラを集めるのは今年でおしまい、これからは木など大きくなるものを植えたい。

 

21世紀の天候に対応できる、少数精鋭の植物の庭を作りたい、という目標を持っています。その一方で、いろいろなことを試せるのもあと3年、という予想もあり、育ててみたい品種を種まきを中心に2025年までチャレンジして、そこから私の庭にあうものを厳選する、という方向で行くつもりです。

 

種まきもコツをつかみ3年前よりもうまくいくようになってきました。

そこで追加で6品種蒔きました。あとは8月のバンクホリデーあたりでもう少し蒔いて、今年の種まきは終了です。

Anethum graveolens 'Mariska'  園芸種のディル

Calamintha nepeta 'Marvelette Blue and White'

Cosmos atrosanguineues 'Black Magic' チョコレートコスモス

Dianthus carthusianorum

Echinops ritro ルリタマアザミ

Rudbeckia hirta 'Sahara'

 

いずれも時期的にギリギリか、すでに外れていたりするのですが、気温が高い=地温が高い、よって発芽率が大変高いので失敗が少ないのではと予想。ダメでも来年残りの種をまけばよい。

 

来年は芝の手入れに取り組む予定でしたが、再考中。

このような天候ではもう手も足も出ません。フロントガーデンは芝をはがして白い小石などを敷いたほうがいいのかもしれないのだけど、そうなると動物のトイレになるのが目に見えているので、最終形をどうするか・・。

 

今年は久しぶりに夏が終わるのが惜しいと思った年でした。それだけ充実していたってことですね。

 

結婚記念日に、久しぶりに式を挙げたお庭のレストランで夕食をとりました。

やはりここも、今は手入れが行き届いていないのは仕方ないですね。それを差し引いても静かでとても良いところ。来年はバラの季節にアフタヌーンティーに来よう。

 

ぷぐ子4歳おめでとう。娘が作ったサツマイモのケーキ食べて満足。

 

他にも、娘と買い物を楽しんだりと、盛りだくさんの夏休みでした。