Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

小食に切り替える

現在の体重は49.5キロと、身長に対しそれほどあるわけではない。

しかし! 不調の原因の一つは食べすぎにあるのかも。

そういえば、去年の秋ごろからストレス解消のためドーナツやお菓子など、結構食べていた。また、オフィスの近くにとても素敵なコーヒー屋さんを見つけ、そこでラテを飲むのを楽しみにしていたのだが、そこのコーヒー、とっても濃いのです。そもそも牛乳が自分の体には合わない。そこのお店はこだわりの店でミルク以外は使っていない。

 

それで、同じ体重でも筋肉が落ちて脂肪にかわるという・・これってメタボじゃないの・・。見かけからは誰も信じてくれないだろうが、これだけパフォーマンスが落ちたことが証拠だよ。

 

年齢が上がるとゆるい運動に切り替えたくなるがそれは間違いなんだろう。

短時間で済む筋トレやHIITをやるべきだ。ランニングコアトレーニングができなくなっていることが大体おかしい。昨日も書いたが筋力は割と簡単に回復できるのがいいところ。

 

いや、本題は、小食だった。そこそこ動いていたのでおなかもすいてたくさん食べていたが、よく考えたらトレーニング中はカロリー制限もしていたし、食べ過ぎで胃腸に負担がかかっていたのだとしか思えない。

 

それで、食事の量を減らしてみることにした。

朝はスムージー。足りなければ納豆。

昼も軽めに。お弁当を持って行って量をコントロールする。基本は豆とごはん。

なにしろおそらく私の最大の支出がランチ。最近物価の値上がりが激しく、ランチが1回5ポンドでは済まなくなってきた。これをやめればかなりの倹約にもなる。

夜は普通に食べる。朝、目が覚めたらおなかがとっても空いている状態が理想。

 

しばらくこれで様子を見てみることに。すでに体調がすごくよくなってきているのを実感中。ごはんも時々は玄米に。納豆は自作することにした。現在仕込み中、それもとても楽しみ。玄米を炊けば、それをそのまま納豆の素にもできるので時短にもなる。

 

ただ、玄米はずーっと食べるのは良くないみたい。これはあくまでも私の場合だが、ある程度を過ぎると調子が悪くなる。発芽させて食べても胃腸に負担が大きいようなので、白米と玄米を交互に食べるでいいと思う。