Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

今日もクロカン走10キロ

少し寝坊してしまった・・。夏時間になって朝が暗くなったせいかな。

昨日膝周りが痛かったので大丈夫かと思ったが、外に出てスタートしてみると、不思議なことにそれらはどこかへ行ってしまった。

近所で少し足慣らししてから昨日と同じ芝生へ。

ここ1周すると1キロプラスある。

広いし、柔らかいし、開放感があってとても気持ちが良い。自然に走ってキロ6分切れた。

不整地ではスピードが出ないから、ここでMペースくらい出せればロードでもスピードアップできるな。

 

9キロ走ってそこから自宅まで。

ロードに出ると反発があるのでめっちゃ走りやすい!

さくさく走って終了。

久しぶりに汗が流れ落ちる。これまでは気温が低かったから汗をかいてもどこかへ行ってしまっていた。

しばらくこのクロカン走を続けることにする。ここだったら安全だし犬連れなども適度に通るので、音楽聞きながら走っても大丈夫そう。

200Kまで残り9キロ。

 

今週末のチケットおよびホテルは、全額返金されることになりました。

あせってすぐにキャンセルしなくてよかった。ホテルと行きのチケットは本来non-refundableだったのですが、すべての予約が対象に変更となりました。

 

この練習方法新鮮ですね。

走り出した体調でスピードを決める。調子が悪かったら超スローでOK。

その代わり距離が必要なので最低10キロは走る。15キロくらいは走りたいところ。

 

4月は、少し下げて180キロプラスくらいでいいかなと。急に距離を伸ばしたらよくないので。

左足・坐骨・梨状筋はぼちぼちなので引き続きあまりスピード練習はしないほうがよさそう。

これも外出禁止令が厳しくならなければの話ですが。

 

いつも犬を連れていく公園に「車で犬をここにつれてくるなら、それは不急不要であるからやめてください-NHSより」の張り紙がしてあった。

 

ここの公園は、面積が広い割に囲いがあって犬が逃げられないので、車に乗って大型犬を連れてきてリードを外す人が多い。犬はしつけがちゃんとされているので今のところ問題犬に会ったことはない。あと面積が広いから人と狭いところですれ違う可能性も低い。

微妙ですね。大型犬はより多くの運動が必要なのでここに連れてくる飼い主の気持ちもわからないこともない。

 

春になり、公園の土も固まってうちのおパグたちのリードも外すようになってから、フリーで走り回れるので2匹とも足の筋肉が盛り上がってきた。我が家の庭でも走ってはいるのだが、やっぱり広い公園を走り回るのは格別ですからね。

 

ただこう・・あまりに目に余るような人たちが出てきてしまうと、うまくやれていたことが全面禁止になり、ランニングも含めてダメになる可能性はある。

抗体検査を早く受けられればいいのだが、一般家庭まで回ってくるのは相当後になってからだろうし、その頃にはもしかしたら終結してしまっているかもしれない。

 

お隣のフランスみたいに外出許可証持参とか大変だよなあ。プリンターなんて全家庭にあるわけでなし。まあ今やプリンターも品質を問わなければタダみたいなものだけど、それでもいきなり準備しろと言われたら大変だし、持っていない家庭に配るのだって大変。

 

NHS関連のボランティアも募集中で、多数の応募があったりと英国人の良さも見直したりしている。自分も無駄に走ってないで応募しようかと思ったが、そのことによって感染したら自分だけでなく家族も大変なことになるから・・と思うと踏み切れない。まずは外出しないこと、これしかない。

 

とにかく、4月いっぱいは少なくともこの状況、かわらないだろうなあ。