Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

感動の一大巨編、堂々の完成

f:id:Saskia:20200916174445j:plain

 

おいしくない小豆であんこがいまいちだったが、それでもこれなら、在英日本人が感涙にむせぶレベルだ。写真のは1回目のバッチで2次発酵が不足気味のため、断面があまりきれいでなく隙間が多いが、2回目以降はばっちりさ! 16個作りました。

 

発酵に要する時間が必要なので、作成には2時間ほどかかるが作業自体は大変ではない。

照りを出すために牛乳を塗ったが、ちょっとつや不足。卵のほうが良かったか? しかし味には関係ないです。

あとあんこにもう少し甘味が欲しい。500グラムに対し300グラムの砂糖だと、フィリングにしたい場合あっさりしすぎ。また、塩で味を引き締めたいところ。

 

いやー、今年で一番感動した出来事がこれかもしれないww

パンはわが家で作る価値は無い。と思っていたのがあっさりひっくり返された。

しかも簡単だし。包む作業もマスターしたので、肉まんやピロシキなどもいけそうだ。

 

参考までにレシピは下記を使用し、分量を2倍にして作った。手間は変わらないのでまとめて作って冷凍するほうが楽ですよ。我が家のキッチン環境の場合、生イーストに使用する水分量を考慮して全体量を調整はしているが、それでも日本のレシピの水分量だと水分が多すぎることが多いので、一気に全部入れないように!

 

あんこは、1個当たりテーブルスプーンに山盛りくらいがちょうどよいです。

イーストはドライイーストに比べると効き方がマイルド。

madamtortoise.hatenablog.com

スウェーデンからの刺客、50グラムを5つに切って使いましたが、切るのがめんどうだし 爆 今後は4等分でいいのでは。

 

イーストの場合、

粉250グラムに対し7グラム 

となっているレシピが多いですが、スウェーデンからの刺客の場合、10グラムを使用して何も問題なし。この場合、1次発酵は温度を若干上げても1時間必要でした。

しかしそもそも、雑な自分は5等分きっちり切っておらず、大きかったり小さかったりなので、10グラムが12.5グラムになったところであまりかわらないはず・・という推論 爆 

 

recipe.cotta.jp

というわけで・・パン作りの巻、完。

これから体重を落とさないといけませんので 爆  以後せいぜい週1回程度にしておきます。

 

さて本日までの流れ

ランニングを再開してから2週間過ぎたので、以後カウントはなし。

月曜日 休み

火曜日 1キロウォーク+5キロラン

暑かった・・・途中で頭痛が。右ひざ周りが張ってきたので、ストレッチをたくさんやる。

距離を急に伸ばしたせいもあるが、これ放置するとやばい。腸脛靭帯痛めるパターン。

 

怪我した個所は、ストレッチによって劇的に良くなってきた。いわゆる足をクロスさせて腸脛靭帯を伸ばすストレッチだけど、左足はここが張っているわけじゃないのだが、足の付け根を伸ばすにも効くみたい。

目標体重まで1キロを切ってきた。まだまだ体が重いし、理想はさらに1キロ落とすことだが、無理はしない。今の食事と運動を続ければ10月末くらいには達成できるだろう。

 

本日 細切れに走る。

ランチタイムに1キロウォーク+1キロラン(速めのペース)

夕方、歯医者に行きがてら往復をジョグ3キロ

 

うっ、体が重いよ~ 涙

キロ6分切るのがやっと。回復期はこういう時が苦しく嫌になってしまうが、とにかく淡々と続ける。そして「速く走りたいなら速く走るしかない」のです。はじめは、100メートルだけでもよい。とにかく続ける。