Tortoise Bar

英国園芸日記

心地よい午後のトレイル

娘が友達のバースディパーティに呼ばれ、待っている間に近所のトレイルを10キロほど走ってきた。

 

小学生でのパーティももうこれが最後・・。小学校も残すところあと2日。ナーサリーから数えると8年間一緒だった友達ともついにお別れである。

 

さて、この町はいつものトレイルコースで20キロほど走ったあたりの、おなじみのエリア。ここまで来ると村らしくなり、緑が豊かで湖や池が点在し、とても素敵だ。しかし家の値段は郊外とはいえかなり高い。豪邸やコテージが並ぶ。ううむ・・。

またこの町は盆地でもあり、水辺に近いことから、確かロンドン近郊でも気温の高低差が非常に大きい場所としても有名らしい。

ここを拠点に北の方のトレイルに出かけるというのもありだ。まだまだ開拓していないところがいっぱいあるのだ。

 

風が強いが気温が23度と結構暑いので、日陰のトレイルは走るのにはぴったり。

廃止された鉄道路をトレイルコースに変えたという道を往復してみた。

 

あれ、なんだか体がすごく軽い。昼ごはんを食べて午後2時という時間帯は本来であれば絶不調のはず。最もこの道に差し掛かるのはいつも20キロ以上走ってからだから、当然体は楽なのだけど、それにしても・・5:40くらいがすごく楽に感じる。

 

走って折返しの公園で休憩。

風が吹いて気持ちが良い。こんなに素敵な日はなかなかないだろうなあと思いぼんやりする。

帰りは少し上げてみた。最後は5:10まで上げられた。これが自然にキロ5分切れるようになれたらいいのだけど。

 

ジムに行くようになってから体の調子がさらによくなってきているようだ。

今月はほとんど走っていないというのもあるけどね。今月はジムを優先して、来月からまた距離を150キロくらいに戻そう。

 

少し時間が余ったのでハイストリートでお茶。

町並みが小さく、とてもいい感じだ。引退したら小さな家でこういう場所に住みたいなあ。教会の鐘の音がときおり聞こえる。

 

時がすぎるのは早い。娘がGCSEに差し掛かる頃、今日という日を思い出すことがあるのだろうな・・。

 

来年3月のハーフマラソンを申し込んだ。2020年3月はすでに2本予約済み。

とにかく怪我をしないように、無理しすぎないように・・。