Tortoise Bar

Ne te habeat fiduciam

Tempo Run 11.2キロ

あら? よく見たら1マイル足りなかったww

設定を間違えて最後のクールダウンを2マイルにしてましたが正しくは3マイルでした・・。本当はクールダウンで設定ペースで走ることが最も重要なんだけど、仕方ない。

2マイルー5:28~5:49

3マイルー5:00~5:18

2マイルー5:28~5:49

の設定です。

実際は、5:32、5:12、5:33と設定通り走れました。

 

まあろくに走ってないせいかと思いますが、1か月走ってなかったわりにはびっくりするくらい走力が下がってない。

今日も病み上がりで呼吸がしにくく、最大心拍数が177ww 平均でも160超えと高め、ヒューヒュー言いながら走ってましたがそのわりにはちゃんとできている。

 

速めのペースの部分は、はじめの半分までは割と余裕だったのですが後半はやっぱりちょっときつかった。しかし少し前だと途中で足が止まってもおかしくないところ、ちゃんと今回は最後まで一度も休まず終了できました。この違いは大きい。

 

速めに走るパートで、手足の動作を大きくするだけで簡単にキロ5分切れたのも驚いた。

この感触でいいなら4分台で長く走ることも可能じゃないか。

ただテンポランは、速めパートを激走することが目的ではなく、最後のクールダウンである程度のペースを維持することがすごく大事なので、設定の真ん中くらいで走れていれば十分。その意味でも今回の練習はとてもうまくできました。1マイル足りてないけどww

やっぱりランニングに余裕を持たせるのは筋力だよ。男性がキロ4分台で走れるのなんて当然だねww 女性の速いランナーって男性の何倍も努力しているんだからね。

 

ただ課題はあります。

左のふくらはぎが怪しい・・前回も30キロ走ったら29キロで盛大に攣りました。今回も、この感触だとハーフあたりでいかれるかなという感じ。

走り込みができてないのでふくらはぎが弱っている、新しい走り方だとふくらはぎに負担がかかっている、のどちらかか両方か。走り込みができてないならそれは仕方ないけど、新しい走り方が問題なのなら早いところ訂正しないとレースが悲惨なものに・・。

 

ふくらはぎに来る場合答えはひとつしかないのです。着地が前過ぎ。左の接地時間が長すぎるという可能性もある。まあそれ自体、着地が前過ぎるから発生する事象でもあるのですが・・。

もう少し、意識して左を今よりさらに後ろにしてみるか。

 

あと右の腰が少し疲れた。体の右側が疲れることはこれまでほとんどなかったので、使えるようになったからと喜んでいいのか、走り方が間違っているのか、もう少し回数を重ねてみないと検証できず。

 

今週の天候は今朝と、金曜日の朝が一番よさそうだったので、順番を入れ替えてテンポをやりました。

金曜は例のロングランを朝3時から・・ww

明日は、速めのペース走を片付けてしまうか、休みにするか、ちょっと悩み中。

 

4時半過ぎに家を出たら、最近引っ越してきたご近所さんが家の外に出ていた。

アップで周回して戻ってきたらいなくなっていた。

出張かシフトで迎えが来るのを待っていたのかな・・?

この時間帯に会う人はいつも顔ぶれが決まっている。走っているおばかさんは私しかいませんww