Tortoise Bar

英国園芸日記

暁の実験室:13キロペース走チャレンジ その1

朝4時に起床して速攻でスタート。

暗くなった・・。最近ジムに行き慣れていたので、暗いこと、誰もいないことに心理的な抵抗を感じる。

夜中に足がつったりして、あまり疲労回復ができていない。

しかしやるしかない。空には星。

 

設定ペース:5:10~5:05

できるだけ長く走る。ただし、きつくなったら止まっても良い。

今日は初日。朝だし、身体も温まっていないから頑張ってもできないものはできないので、できなくてもがっかりしない。とりあえず始めたという事実が重要。

この辺の心構えは、今年の1~3月の苦しかったトレーニングでの経験がすごく活きている。続けていればいつかかならずできる。少なくとも本番でできればいいのだから。

 

1キロ アップ。これで調子を見る。うーむ・・疲れが抜けてない。

2~3キロ きついなあ。停止。

4~6キロ 3キロだけだが指定のペースで走れた。まずはここからだ。

7~8キロ ペースを気にしないで走ってみたら、意外にもMペースよりも速く走れる。それも楽に。

9~10キロ それじゃ1キロインターバルをやってみようかと。??? こ、これは??

 

f:id:Saskia:20190906023200j:plain

 

最近やっているスイスボールを使ったトレーニングでのレッグレイズ腸腰筋をすごく使うのですが、その動きをイメージしながら走ってみたのが7キロ以降。

 

走りが変わった。何が楽だって足をほとんど上げる必要がなく、ひたひたと走れる。

そう本当にひたひたと走る感じ。足裏で地面を転がすような動きで、かつ完全ミドルフット。

 

そして驚愕のインターバル。できるだけ速く走ってみたらどうなるか・・とやってみたのがこの結果。このペース、これまではかなり頑張らないと通常ではできなかったし、足を上げるのですぐに筋力がなくなって、これで走り続けるなど不可能だと思っていた。でもこのフォームなら、確かに心肺に楽ではないけれど、無理がない! 5キロくらいなら走れそうだし、10キロも・・

 

いろんなことが少しずつ浮かび上がって、点ができてきている感じ。それがつながれば記録が伸びるのではないだろうか・・。

 

あとは、故障をしないこと。フルへのトレーニングが始まるまでは、少し足りないくらいに練習をとどめておいたほうがいいと思う。

 

夜明けとともに帰宅。

家の周り5キロ以内が私の暁の実験室です。